FC2ブログ

Entries

新型コロナの出現で「パルスオキシメーター」が必需品に!

新型コロナウイルス感染症は、軽症者が80%、重症者が20%と言われますが、困った問題は軽症と言われた人の中で、直ちに適切な治療をしないと症状が急速に悪化して重篤化する人がいることです。

感染症の専門家によれば、正常時にパルスオキシメーターで測ると酸素飽和度は96%以上ある人が、胸が苦しいとか、息が苦しいとかを自覚しない場合でも、肺炎が進行していると89%~91%程度迄下がっていることがあるそうです。つまり、体内で肺炎が急速に進行して重症化していても本人にははっきりした自覚症状が出ないことがしばしばあるそうです。熱の経過だけ測っていても分からないことが多いそうで、そうなると個人でも脈拍、呼吸数や酸素飽和度(SpO2)を測っていないと重症化が分からないと言うことになります。
パルスオキシメータを使えば無自覚の低酸素症を自分で発見することが可能となるのです。
パルスオキシメーターはそれほど高価な機器でもなく1万円以下の価格で誰でも市販品を購入出来ますのでこの機会に購入しておくと安心です。

私自身も数年前から時々不整脈(頻脈)が出るようになり、パルスオキシメータを活用して、脈拍数と波形を見るようになりました。人差し指にはめるだけで30秒で簡単に脈拍数と波形や経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を知ることができます。取扱は血圧を測るより簡単です。元々、脈拍の計測のために購入したパルスオキシメーターコロナに感染した場合には、肺炎の進行を管理できると分かって、偶然にも力強い味方を得たように感じています。(参考までに私の使用機種は小池メディカル製パルスオキシメーターサーフィンPO(当時: 13000円)です。これまで一度もトラブルもなく正常に動いています)
SPO2.jpg
病院や軽症者の療養施設のホテルでもパルスオキシメーターは常備されていくはずですが、自分で持っておけば体温計と同様、いつでも簡単に計れるので病状の進行を常に把握できて安心できると共に、万一悪化した場合でも素早く対応出来るメリットがあります。

新型コロナウイルス感染症が出現したことで、これまでは循環器や呼吸器の専門医の道具であったパルスオキシメーター(動脈血の酸素飽和度)が体温計と共に家庭の常備品になった感じがします。  

■パルスオキシメーターの紹介:


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/960-9cd5cc40

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性・元総合商社勤務
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故と、2019年12月から起きた新型コロナウイルス感染症では人生観や生活様式が変わりました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムは2020年4月終了しました。コンテンツの一部はこのブログに逐次引っ越し致します。今後共よろしくお願い致します。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

QRコード

QR
google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html