Entries

命を狙う怖いカビ「アスペルギルス」

アスペルギルス症:

カビの中でも命にかかわる怖いカビがアスペルギルス。このカビは生活常在菌の一つなので、その胞子はいたるところに存在する。免疫に問題のある人が大量に吸い込むとアレルギー症状が出る。免疫に問題の無い健康な人は吸い込んでも何も起きない。アスペルギルスにより起きる病気にはアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)、肺アスペルギルス腫、侵襲性アスペルギルス症がある。

アスペルギルス症は最初はゆっくり進行し風邪に似ている。咳や微熱が出るが、ひどくなると呼吸不全。多くは息切れで受診する。患者は20万人位いて、内20%は重症。最初、咳などで内科を受診しても喘息等と診断されてカビが見逃されやすい。このため、数年間治らない人もいる。呼吸器の専門医にかかって初めてアスペルギルスによるものとの診断がつくことも多い。もともと喘息などアレルギー体質の人は発症しやすいので要注意。

アスペルギルスはどこにいるか?
 ・押入
 ・ベッドの下
 ・箪笥の裏
 ・エアコンの中
 ・掃除機のダストボックス

対策
 ・湿気を逃がす。小雨でも窓を開けると湿気は逃げていく
 ・押入は少し開けておく
 ・タンスは壁から少し離す
 ・1週間に1回ゴミを捨て、掃除機のダストボックスは空にする
 ・エアコンのフィルターは1週間で掃除する
 ・マスクの着用
 ・HEPAフィルター搭載空気清浄機の使用

検査
 呼吸器の専門医を受診する。血液検査で分かる。血中のIgE濃度のチェック、好酸球増加症の診断。
 全血中の好酸球が常時10%以上あり、血漿中のIgEが1000ng/mlを超えた場合、ABPAである可能性が高い。
 
 その他、レントゲン、CT、喀痰培養等で診断。進行すると手術になるので早めに受診するのが良い。
  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/890-bd5c8426

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html