Entries

抗菌薬効かない多剤耐性菌「OXA48」を国内で初確認

2013.3.19の共同通信(日経新聞)の報道によれば、ほとんどの抗菌薬が効かない新しい多剤耐性菌が昨年、千葉県の病院で入院患者1人から国内で初めて検出されていたことが分かったと言う。NHKニュースも報道した。この病院と国立感染症研究所、名古屋大などのチームが菌を特定した。数年前からヨーロッパ全域で大規模な院内感染の原因となっていて、おととし8月までに、オランダで感染した98人のうち27人が死亡したとされている。医療現場に警戒を呼び掛けている。

チームによると、患者は海外で感染したとみられ、症状は出ず、病院内での拡大もなかった。健康な人にはほぼ無害だが、抵抗力が落ちた患者に感染すると、重い合併症や死亡につながる率が高いと報告されている。

患者は60代男性で、東南アジアで頭部の手術を受けて帰国し、昨年11月に千葉県内の病院に入院した。たんや便の中に、多くの抗菌薬に耐性を示す肺炎桿菌や大腸菌が見つかったため、遺伝子などを分析した結果、抗菌薬を強力に分解する酵素をつくる「OXA48型」と呼ばれる菌であると分かった。

男性は感染症を発病せず、しばらくして菌は検出されなくなった。

OXA48型は2001年ごろトルコで見つかった後、数年前から欧州全域で院内感染を引き起こしており、米国でも最近死亡例が報告された。

「切り札」とされる抗菌剤カルバペネムを中心にほとんどの抗菌薬剤が効かず、免疫が弱い患者の血液に入ると45%が重篤化したとの欧州の研究もある。

チームの荒川宜親名古屋大教授(細菌学)は「今回は感染症を念頭に置いた適切な対応で素早く抑え込めたが、OXA48型が国内で広がると医療上のリスクは極めて大きい。監視を強める必要がある」と話している。

多剤耐性菌に詳しい切替照雄・国立国際医療研究センター研究所感染症制御研究部長の話:
「海外で問題になっている新しい多剤耐性菌がいつ国内に飛び込んで来てもおかしくはないことが示された。海外の耐性菌情報に注意し、帰国者が入院した場合は念のため他の患者と区切った場所で早めに細菌を検査して監視を徹底する必要がある。耐性の種類を簡便に特定できる検査法の開発も課題だ。」〔共同通信〕
  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/874-b72e3cb9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html