Entries

大飯原発直下に活断層の可能性:東洋大渡辺満久教授が指摘

キーワード:大飯原発直下に活断層の可能性:東洋大渡辺満久教授が指摘
大飯原発は再稼働の準備中だが、活断層の専門家、東洋大学変動地形学渡辺満久教授は「大飯原発直下、2号炉と3号炉の間のF-6と言う断層が活断層である可能性がありよく調べる必要がある」と指摘している。

産経新聞の報道によれば、6月27日には、大飯原子力発電所で現地調査を行い、タービン建屋などの直下を走る地盤の割れ目「破砕帯」について、構内3カ所の掘削調査を関電へ要請したという。
掘削調査では、破砕帯の直線上で、緊急車両が通る入り口近くの道路▽構内の背面道路▽海岸-3地点を要請。渡辺教授は「調べられる場所を指摘したが、数日で掘削できるため、再調査すべきだ」とした。

原子炉の構造に詳しい元原子炉格納容器設計技術者の後藤政志氏はテレ朝の番組で「地震で大きな力が加わると格納容器は大丈夫でも建物自体が壊れたり、傾いて制御棒が入らなくなり核反応が止まらなくなりチェルノブイリ型の爆発が起きる心配があるので、活断層で無いと言いきれない限り原発の稼働は許容出来ない」という。

http://www.youtube.com/watch?v=_CsjulF8V-w&feature=youtu.be
6/24 テレビ朝日「ワイドスクランブル」で放送

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/797-4f9f4320

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html