Entries

関東M8級大地震早まるかも? 研究者が警鐘 

キーワード:関東M8級大地震早まるかも? 研究者が警鐘 大震災が岩板を刺激 地震予知
東京新聞2012年5月23日 夕刊の記事より

東日本大震災とその余震により関東地方のプレート(岩板)が刺激され、マグニチュード(M)8級の地震が予想よりも早く首都圏で起きる可能性があるとの分析結果を、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の研究チームがまとめた。

誘発が懸念されるのは、政府が首都圏での発生を警戒している「関東地震」。一九二三年の関東大震災もこのタイプの地震で、過去の発生周期から予想される三十年以内の発生確率は0~2%。チームの井元政二郎主幹研究員は「発生確率が上がった可能性がある。M7級とされる首都直下地震だけではなく、M8級の地震についても警戒を怠るべきではない」としている。

M8級の関東地震は過去に一七〇三年と一九二三年に起こったが、いずれもその三十年ほど前に、三陸沖から房総沖で大地震(延宝房総沖地震、明治三陸地震)が発生。これと合わせ、八六九年の貞観地震以降、東北の太平洋沖を震源としたM8級の地震は五例あるが、うち四例で三十年以内に関東でM7級以上の地震が後に続いた。

さまざまなパターンが考えられる関東地震の発生周期をコンピューターでシミュレーションすると、二つの地域のこれらの地震が無関係に起こった確率は5%以下。東日本大震災の後続の大地震が、今後三十年以内に関東で起きる可能性もあると分析した。

太平洋プレートは、東北から関東地方の東側で陸側プレートの下に沈み込んでいる。井元氏によると、東北地方で起きた地震が、南側の関東に近い場所でプレートにかかる力を増加させている可能性があるという。

関東地震> 相模湾から房総半島沖の海底に延びる盆地「相模トラフ」周辺を震源として起こるM8級の地震。1703年の元禄地震と1923年の関東大震災が知られているが、それ以前の発生は史料が少なく確定していない。地震の揺れだけではなく、津波でも房総半島などに大きな被害が出た。政府の地震調査委員会は関東大震災と同じ規模の地震について、今後30年以内の発生確率を0~2%程度(今年1月1日現在)としている。
  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/752-4d9da0e7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html