Entries

巨大地震の発生のメカニズムを解明か? 台湾国立中央大

キーワード:巨大地震の発生のメカニズムを解明か? 台湾国立中央大 異常な活動域前から
<巨大地震>異常活動域、十数年前から近付く 台湾で解析

毎日新聞 5月24日(木)2時31分配信記事より

東日本大震災をもたらした巨大地震の震源に向け、異常な地震活動域が、十数年前から近付いていたことが、台湾国立中央大や中部大などのチームの解析で分かった。巨大地震発生の準備過程が進む様子をとらえた可能性がある。24日、千葉市で開催されている日本地球惑星科学連合大会で発表する。

チームは、95年1月から大震災直前の11年2月末まで、東北沖の深さ60キロより浅い場所で起きたマグニチュード(M)2以上の地震を解析。この期間の1日当たりの平均地震発生率より地震が活発または静穏な異常領域(ホットスポット)の分布が時間経過とともにどう変化するのかを調べた。

その結果、97年ごろから、宮城県沖の大震災の震源の真上(震央)付近を挟むように、周囲からホットスポットが近付いていく傾向がみられた。

99年に台湾中部で2400人以上が死亡した地震(M7.7)などでも同様の傾向がみられた。

台湾国立中央大の河村将研究員(地震統計)は「周りからじわじわと震源周辺に力のしわ寄せが起きた可能性がある。他の地震で事例を増やし、巨大地震の発生メカニズムの解明に役立てたい」と話す。
  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/751-48b20629

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html