Entries

福島でセシウム降下量急増の謎!4号機使用済み核燃料プールの危険度

キーワード:福島でセシウム降下量が急増の謎と危険度!燃料プール 水漏れ 4号機
最近、福島で放射性セシウムの降下量が増える傾向にあり、特に1月になって急増しました。正月に地震があったので、その影響ではないか、万一、福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールに損傷などがあれば、大事故になると色々なデマや噂が広まっています。事実は一体どうなのでしょうか。  


▼定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)     

福島県が毎日発表する「定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)」によれば、12月27日~1月8日までの間では、地震のあった翌日(2日)に突然大量の放射能が測定されています。この原因については新聞もテレビも報道していません。
中部大学武田教授が自身のブログhttp://takedanet.com/の中で、放射能増加の予測と今後の対応策について詳しく解説されているので是非読んでみて下さい。

20120109b.jpg 
上記資料の採取場所…福島県原子力センター福島支所(福島市方木田地内)

武田先生の説明では、「1月2日の500メガベクレル/km2は言い換えると、500ベクレル/m2となる。この程度なら一日で危険ということはありませんが、80日過ぎると、電離放射線障害防止規則第28条で決められているとおり、「危険だから東電が除染しなければならない」というレベルに達します。そして、1日10メガぐらいに下がるまで、暫く様子を見ましょう。」という。
心配な向きは、マスクをする、外出を控える、洗濯物はよくはたいて取り込む、窓はなるべく開けない、子どもはなるべく外で遊ばせない・・・等を注意したが良いかもです。

▼プール冷却の配管で漏れか 福島第1原発4号機


2012/01/02付け共同通信の報道によれば、

東京電力は1日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの循環冷却に使っている配管から水漏れが起きている可能性があると発表した。プールの水位に変化はなく冷却を続けている。

プールからあふれた水がたまる「スキマーサージタンク」の水位が、同日午後2~5時に毎時約8センチ下がった。これまでも主に自然蒸発で水位は下がっていたが、毎時1・7センチ程度だった。

水は、このタンクから配管を通って熱や不純物が取り除かれ、再びプールに戻る。東電は、配管の接続箇所などで漏れが起きたとみて原因を調査している。


▼東京電力の報道向け資料:

平成24年1月8日付けで「東北地方太平洋沖地震による影響などについて(午後3時現在)」と題して正式コメントを報道機関向けに出した。それによると、

「1月8日午後1時頃、4号機使用済燃料プール循環冷却システムにおいて、2次系エアフィンクーラーの定例切替(A系からB系)を実施しようとした際、エアフィンクーラー(B系)の冷却管4箇所から水の漏えいを確認。現在、漏えいした原因を調査中。漏えいした水はろ過水(淡水)*であり、放射性物質
は含まれていない。また、漏えいの拡大防止のため、当該のエアフィンクーラーを系統から隔離済。なお、使用済燃料プールの冷却はエアフィンクーラー(A系)を使用しており、冷却には問題なし。
」という。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/12010802-j.html

▼恐怖の4号機の燃料プールはこの先大きな地震があっても大丈夫なのか?

尚、多くの人が懸念している4号機の燃料プールの耐震性については、1月6日の記者会見で、フリーの女性記者の質問に答えて、東電の松本氏は概ね以下のように回答している。

「4号機の原子炉建屋の健全性については、損壊している状態でるが、将来起こるかもしれない地震に対して壊れるかどうかという解析を行いましたが、いわゆる許容値以内に収まっているという事を確認しておりますので、大きな地震がきても、問題ないというふうに考えております。使用済み燃料プールの底部には補強工事として、鉄骨とコンクリートを注入していますので、これまでよりも大体20%程度耐震力としてはアップしていると認識しています」


▼京大小出助教はプールの崩壊を心配する。

2011.12.29 テレビ朝日モーニングバード「そもそも総研」にビデオ出演した京都大学原子炉実験所の小出裕章助教
は、福島第一4号機の使用済み核燃料プールについて、次のような心配をしていました。

「私が恐れているのは「地震」ですし、多分、東京電力もそれを恐れていて、4号機プールが崩壊してしまうかもしれないということで、プールを支える柱とか壁とかの補強工事を、かなり長い時間かけてやったと思います。

プール自身が崩壊するようなことになれば、水がもちろん流れちゃうわけですし、燃料棒が空気中にむき出しになりますので、そうなれば溶けてしまいます。

(使用済みでも冷やさなければ溶けてしまいます。溶けてしまえば、計り知れない量の放射性物質が大気中に)飛び出して来てしまいます。

ですから、4号機は際どい状態にあると思いますし、そのプールを崩壊させないようなことはやらなくてはいけないと思います。」


▼福島原発 4号機燃料プールが倒壊したら核燃料が溶融飛散し、18万人死亡想定:米国NRC

福島原発事故の後を受けて、10月21日の原子力規制委員会NRCの審査委員会で、なぜ23機の沸騰水型原発BWRマーク1原発を閉鎖すべきかをアーニー・ガンダーセン氏が説明している。要点は、以下の通り。

「GE製沸騰水型マーク1格納容器について、4つ憂慮すべきことがあります。

1.マーク1型格納容器容積が設計建設時から容積が小さ過ぎるという欠陥
2.BWR沸騰水型炉心圧力容器設計に欠陥があり、制御棒の穴から、核燃料がメルトダウンした時に、格納容器の底に直接漏れ落ちてしまう現象がまさに福島原発で起ったと思われること。
3.格納容器圧力限界の信頼性の問題
4.核燃料保管プール使用済み核燃料の危険性の問題として、ガンダーセン氏は三つの福島原発建屋が爆発し、核燃料と核燃料プールが直接外気にさらされました。ブルックヘブン国立研究所が示す1997年の報告書が出ています。火と沸騰水型原発プールが少なくとも187,000人を殺すのだと。福島原発4号機での燃料火災の恐怖は、
NRCが福島から100km以内の米国市民に退避を勧告した主要な理由です。医師ゴードン・トンプソンによると、これまでに実施されたすべての地上核実験が放出したセシウムよりも、使用済燃料のセシウムの方が、より多くあるのです。 原子炉建屋で100ft以内に燃料プールがあるのは、マーク1型設計の別の不十分な側面です。

最後に、今後、沸騰水型原発マーク1格納容器は、稼働継続すべきではないと思います。」
全文はこちらのビデオを参照下さい→
http://www.youtube.com/watch?v=uB7w7EftEu0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/626-fd57a0f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html