Entries

「高速増殖炉・もんじゅ」は抜本見直しを、行刷会議の政策仕分け

キーワード:「高速増殖炉・もんじゅ」は抜本見直しを、行刷会議の政策仕分け
日経新聞2011.11.20付け記事より

政府の行政刷新会議(議長・野田佳彦首相)は20日、国の重要政策の問題点を検証する「提言型政策仕分け」を開始した。初日の20日は原子力や農業政策などを取り上げた。原発立地自治体などに配分する電源立地地域対策交付金では「事故対策や安全対策を拡充する仕組みを検討すべきだ」との提言をまとめた。

20日の仕分けには蓮舫行政刷新相のほか、枝野幸男経済産業相、中川正春文部科学相、細野豪志環境相が出席した。

電源立地地域対策交付金は現在、自治体が公共施設の整備や運営などに利用しているが、仕分け人からは「原発の安全対策にも使うよう義務付けるべきではないか」との意見が出された。経産相は「安全対策に使える範囲を拡大できるなら(交付金要綱を)明確にし、しっかりと周知をする」と語った。

日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」を巡っては「実際に使えるかどうか分からないものにお金が使われている」との批判が集中。存続も含めて抜本的に見直すよう提言に盛り込んだ。もんじゅの再運転を前提に来年度予算案の概算要求に盛った調整費22億円は「計上を見送るべきだ」と指摘した。

石油石炭税や電源開発促進税を特定財源とするエネルギー対策特別会計に関しては環境相が「エネルギー特会はそもそも必要なのか」と主張。経産相は「目的税で、納税者の納得が得られるかが論点だ」と応じた。提言には「特会の存廃も含め、原子力、エネルギー関係予算のあり方を抜本的に見直すべきだ」と明記された。

政策仕分けは23日まで実施される。21日以降は社会保障制度や地方財政などについて政策に問題がないかどうかを議論する予定だ。


[管理人の感想]
もんじゅは1970年建設候補地に敦賀が決定して以来、これまで40年間で1兆円を超える研究開発費が投じられているが、1995年にナトリウム漏れ事故を起こしたり事故の連続でまだ原型炉の段階でstopしたまま。実用化は更に40年先の2050年と言われるが目処は立っていない。地震国日本ではもんじゅの安全性に加えて、使用済み燃料の処分場の建設も難しく、核燃料サイクルは事実上破綻している。一刻も早く、もんじゅの廃炉と核燃料サイクルの打ち切りを決断して欲しい。今の日本の財政では無駄な授業料を払う余力はない。
  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/599-1eb35a07

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html