Entries

「もんじゅ:事故の危険性が高い」と公明党が撤退主張を検討

キーワード:高速増殖炉「もんじゅ:事故の危険性が高い」と公明89党が撤退主張を検討
朝日新聞2011年7月29日付け記事より

公明党が、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の開発中止など、高速増殖炉路線からの撤退を打ち出す検討に入った。国会運営のカギを握る同党が撤退方針を明確にすれば、政府・民主党や自民党のエネルギー政策論議にも影響を与える可能性がある。

公明党は8月末に党独自のエネルギー政策をまとめる予定。現在、党総合エネルギー政策委員会で議論を進めている。同党は「もんじゅ」について「過渡的エネルギー」として開発を容認してきており、撤退を打ち出せば方針転換となる。

同党では、東京電力福島第一原発の事故をきっかけに、政策委などでエネルギー政策の見直し作業を開始。党幹部らによると、商用炉の福島第一原発でも事故が起きたことを受け、運転技術が確立されず研究段階にある高速増殖炉開発に対し「事故の危険性が高く、これ以上続けるのは困難だ」(党幹部)との見方が強まり、撤退を打ち出す検討を始めた。

[管理人の感想]
もんじゅは1994年から運転を始めたが、すぐにナトリウム漏れ火災が発生し、それから14年半も止まったままだった。2010年5月再起動したが、3ヶ月後に3.3トンの炉内中継装置を設計ミスと不注意から取り落として原子炉内に落下させ、今年6月にようやく引き抜いたのは記憶に新しい。結果的には1994年から17年間も国民の大事な予算ばかり喰って一体何をしているのか分からない感じである。プロジェクトは続いているが、15年間も止まったまま同然の原子炉をこの先動かしても問題ないのか懸念される。1wの電力も発電していない原子炉に既に1兆円以上の資金が投入されているが誰も処分されたとは聞かない。地震多発期に入った今、猛毒のプルトニウムを扱う高速増殖炉の運転はゴメン蒙りたい。六カ所村再処理工場を含め、核燃料サイクルも事実上破綻しており、この先もんじゅを続ける意味は消失していると思われる。この辺でこのプロジェクトの「総括」をして今後の方針を決める時期にあると思う。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/503-fc75a616

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html