Entries

福島原発の原子炉の地下では、一体何が起きているか?

キーワード:東電福島原発事故 福島原子炉の地下では、一体何が起きているか?
メルトアウト「核燃料」地下水直撃の恐怖!
メルトスルーを超える最悪の事態---東電はこの可能性を隠していないか!

FRIDAY 2011.7.8号に「溶融した燃料は今どうなっているのか?循環冷却システムの不備ばかりに目を奪われている場合ではない。原子炉建屋の地下で起こりうる恐ろしい現実を専門家は知っていた」といういささかショッキングな内容の記事がある。

「冷却システムの安定化までには予測不能な障害が、これからも発生するだろう。だが、事態はさらに深刻だ。想像を絶する“恐ろしい現実”が原子炉建屋地下の奥深くで起きているかもしれないのである。

京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は言う。「福島第一は絶望的な状況にある。溶けた核燃料であるウランの塊=溶融体が、格納容器の底をも破り、原子炉建屋地下のコンクリートを溶かして地面にめり込んでいるのではないかと考えています。・・・溶融体の重量は100Tにもなります。溶融体の一部は地下の床を浸食し、一部は汚染水に流され周囲の壁を溶かしているでしょう。これは、核燃料が原子炉建屋の外部に直接漏れ出て、周囲に超高濃度の放射性物質を撒き散らす「メルトアウト」と呼ばれる最悪の状態です。もし、溶融体が地下水を直撃していれば、いくら循環冷却しても放射性物質の拡散は防ぐことが出来ません。地下水の流れを止めない限り、周囲の海は汚染され続けるのです。汚染を防ぐためには、原子炉建屋地下の四方に遮蔽壁を作るしかないでしょう。溶融体や汚染された土壌と、地下水の接触を断つのです。」

元東芝の原子炉格納容器の設計技術者だった後藤政志氏は言う。「そもそも、圧力容器も格納容器も、炉心溶融(メルトダウン)することを前提に作られていません。すでに、設計上、破綻しています。ですから、メルトダウンして、何の対策も取らなければ、溶融体が圧力容器から格納容器を突き抜け、原子炉建屋地下の床に溶け出てしまうのは時間の問題なのです。」

メルトアウトによって撒き散らされる放射性物質は、より猛毒なものとなる。・・・半減期が29年ほどのストロンチウムや24000年にもなるプルトニウムなどの放射性物質だ。中部大学総合工学研究所教授の武田邦彦氏が語る。「地下から流れ出るのは、プルトニウムなどの水の下部に沈殿しやすい比較的重い放射性物質です。核燃料が地下に浸透していれば、こうした超猛毒の物質が、海や川、池、湖、井戸など、地下水脈が行き着くあらゆる場所に垂れ流されます。但し、地下は放射線量が高すぎて、人間は近づけないため、誰も現状を正確には把握できていないでしょう。」

東電広報部は「メルトスルー→メルトアウトの可能性については調査中としながらも、原子炉建屋地下の地中深くまで伸びる遮蔽壁の建設のための設計に着手しています」としている。

人間が入ることの出来ない福島第一原発の地下で、人類が遭遇したことのない恐怖が進行しているのかもしれない。
20110705.jpg  
また、日経ビジネスOnLine 2011.7.5付け記事の中で、山根一眞氏は「もし同じ震源域で巨大余震が起こり、再び巨大津波が福島第一原発を襲ったらどうなるか。堤防は破壊されたままの丸腰状態であるため、3・11以上の危機に見舞われるだろう。

英国のアルスター大学、環境科学研究所(Environmental Sciences Research Institute)の地球物理学者、ジョン・マクロスキー教授とそのチームが「3月11日の日本の巨大地震は、3月9日に同じ三陸沖で発生した地震(M7.2)の余震の一部だった可能性がある。つまり、本震より余震の方が大きかった。そして近い将来、さらに巨大な余震が起こる可能性がある」と、述べていたのである。

もし、3・11よりも小さな地震であっても、もし津波の高さが5mであっても、福島第一原発は手のほどこしようのない破滅を迎えることになる・・・。現場で作業をしている1日に300~700人とされる作業員たちは、いきなり大量の放射線を浴びる危険がある。・・・

いや、再び巨大余震が見舞うことがないとしても、メルトダウンを起こした2基の原子炉の周辺でこれから長い年月にわたって作業を続けねばならない作業員たちが、何らかのアクシデントによって大量の放射線を浴びる可能性はある。

虎ノ門病院の血液科部長、谷口修一さんは、「原発の内外で作業をする方たちが事前に自己幹細胞を採取しておくことで、万が一、大量の放射線を浴びた場合でも命を救える可能性が高くなる」と、その「万が一」の備えを訴えてきたが、いまだにその組織的な措置は行われていない。」と憂えている。

----
テレビ朝日報道ステーション6月23日放送:東電汚染水防止用「遮水壁」建設費用公表せず
小出裕章京大助教が非難→you tubeで見られます(必見
 
http://www.youtube.com/watch?v=SRTBG9ebj-Q

[管理人の感想]
巨大地震や大津波が襲ったとはいえ、原子力発電所にしては備えがあまりにも貧弱だった。地震や原子力の専門家は以前から警告していたと言うが、それらの声は葬り去られた。大地震・大津波はやって来ない、経済優先で無用な費用はかけない等の圧力にかき消されたのであろうか。安全対策を怠った代償はあまりにも大きい。いずれ経営者はきっちり責任を取って貰いたい。もし、予想されるように、原子炉建屋地下に放射性物質が溶け出ていたら、地下水や海に漏れ出て環境を破壊してしまう。早急な対策が必要である。東電任せにせず、今こそ強力且つ迅速な政治の力を必要としていると思う。

また、地震列島に原発は適していない。第二の福島が起きれば住むところがなくなってしまう。全国の原発は緊急で安全点検を行うと共に、逐次廃炉にして欲しい。

用語解説
・メルトダウン:核燃料が圧力容器内に溶け落ちる
・メルトスルー:核燃料が圧力容器の底を貫通し格納容器に落ちる
・メルトアウト:核燃料が格納容器をも突き破り、建屋のコンクリートを破壊し、外部へ浸透

関連記事
“海底ストロンチウム未検出”

NHKテレビニュース7月6日 4時37分 放送より
 
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、文部科学省が宮城県から茨城県の沖合の海底の土を調べた結果、放射性ストロンチウムは検出されなかったと公表しました。ただ、国の原子力安全委員会は、ストロンチウムがないと確定的なことは言えないとして、微量であっても検出できる測定方法で調べるよう求めています。

放射性ストロンチウムは、体内に吸い込むと骨に蓄積してがんを引き起こすおそれがあるとされ、東京電力が先月、福島第一原発から南北に20キロ離れた場所の沖合3キロの地点で調査した結果、海底の土から検出されました。文部科学省も、宮城県岩沼市から茨城県ひたちなか市までの沖合10キロから30キロの6つの地点で海底の土を調べた結果を5日、公表しましたが、いずれの地点からも放射性ストロンチウムは検出されなかったということです。

ただ、今回は、1キログラム当たり0.8ベクレルより少ない量は検出できない測定方法だったことから、文部科学省に助言する立場の国の原子力安全委員会は、「今回の方法ではストロンチウムがないと確定的なことは言えない。ストロンチウムがどのように広がっているか明らかにするためにも、次回は微量でも検出できる方法で測定してもらいたい」と求めています。放射性ストロンチウムを巡っては、農林水産省も茨城県沖や千葉県沖でとれた魚介類を対象に影響を調べていますが、これまでのところ検出されていません。

[管理人の感想]
検出されなかったといっても、機器の性能の問題もあり、原子力安全委員会のコメント通り、とりあえずは安心だが、更に、精密な機器での検査が必要。また、今後増えることも予想され、定期的な検査が必要。(2011.7.6)
  


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/471-bec33b4e

トラックバック

コメント

[C23] 転載させていただけますか!!

じつは今の福島の地下で融けた燃料がどうなっているかが気になってネットを検索していました。 私のブログに転載させていただければと思います。ブログはこちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/

[C24] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html