Entries

【敦賀】もんじゅ、最悪脱すも「正常とは思えない…」

キーワード:【敦賀】もんじゅ、最悪脱すも「正常とは思えない…」高速増殖炉
読売新聞2011年6月25日付け記事より

日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市白木)で、核燃料交換用の「炉内中継装置」が24日、約10か月ぶりに原子炉内から取り出された。

最悪の状況を脱したが、福島第一原発事故による安全対策の強化や原子炉の完全復旧、一連のトラブルの検証など課題は多く、今年度内の出力40%での発電試験開始は依然、不透明な状況が続く。
20110627B.jpg 

慎重作業

密閉状態を確認しながらの準備作業で難航し、実作業は約7時間遅れで始まった。クレーンで引き抜く速度は10分でわずか24センチ。中断しては、装置の位置や密閉性の確認を繰り返した。ある機構幹部は「失敗は許されなかった。とにかく万全を期した」と明かし、引き抜き成功に安堵の表情を見せた。

今後の見通し

機構は7月上旬、装置を分解点検して炉が傷ついていないか調べる。「可能性は低い」とするが、深刻な損傷や部品の脱落が見つかれば、炉内の点検など、大がかりな調査が必要になる。

また、機構がメーカーに発注した新しい装置の納期は「2012年12月末」。炉内にある核燃料は当面、取り出せない状態が続く。敦賀市の幹部は「何かあっても核燃料を取り出せない原発が正常とは思えない」と指摘、発電試験への移行は難しいとの認識を示す。新装置の完成時期によっては工程に大きく影響する。

最終報告書遅れ

機構は昨年10月1日に落下トラブルの中間報告を国へ提出。引き抜き後の調査を経て最終報告をまとめる予定だったが、同月13日に2度目の引き抜きに失敗、検証は事実上ストップした。

そもそも、県や敦賀市は最終報告に対する検討を踏まえ、発電試験への移行について判断する構えだった。失敗を繰り返さないためにも、一連のトラブルの責任の所在や原因を明らかにすることは不可欠で、機構は今後、検証作業を本格化させる必要がある。
 
20110627C.jpg  

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/457-5b39d539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html