Entries

地震予知連“巨大地震を想定できず、反省”

キーワード:地震予知連“巨大地震を想定できず、反省” 東日本大震災
NHKニュース5月25日より

東日本大震災を受けて行われたシンポジウムで、地震予知連絡会の島崎邦彦会長が講演し、専門家による地震や津波の予測が防災対策に生かされていれば、被害を減らすことができたと指摘する一方、結果的に巨大地震を想定できなかったことについて、「反省している」と述べました。

東京大学名誉教授で、地震予知連絡会の島崎邦彦会長は、今回の震災を受けて、自然科学などの専門家の学会が千葉市で開催したシンポジウムで講演しました。島崎会長も委員を務めている政府の地震調査委員会は、平成14年に公表した「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価」の中で、明治三陸地震と同じような地震と大津波がどこでも発生する可能性があると記載していました。講演で島崎会長は、こうした専門家の予測が国などの防災対策に生かされなかったと指摘し、「対策が立てられていれば、特に宮城県から茨城県にかけての沿岸では、被害が少しでも減らせただろう」と述べました。

一方、島崎会長は、当時の委員会の議論で、マグニチュード9前後の巨大地震や大津波の可能性について指摘があったものの、結果的には採用されず、最大でマグニチュード8.2程度と結論づけていたことを明らかにしました。

地震調査委員会を巡っては、1100年余り前に起きた津波の研究成果に基づいて、宮城県沖や福島県沖の津波の危険性を指摘する文書を、震災前のことし2月にまとめていたことも明らかになっています。これについて島崎会長は「公表が間に合えば、ニュースなどで見た方が高いところに避難し、命が助かった可能性もある。マグニチュード9の巨大地震の可能性を想定していなかったことについても、自分たちに甘さがあり、反省している」と述べました。 
 



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/404-031093a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html