Entries

高病原性鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例、2010年は44件

キーワード:WHO 高病原性鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例、2010年は44件
WHOのまとめによると、2010年に確認された高病原性鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例は44件で、前年の73件から減少した。特徴的なのは、エジプトからの報告が多かったことに加え、累積死亡率が全体で59.4%と5年ぶりに60%を割ったことだ。

年間の確定感染者数は、2006年の115件をピークに、2007年には88件、2008年に44件と減少した。2009年に73件と再び増加し拡大が懸念されたが、2010年は44件に落ち着いた。

特徴としては、インドネシアにかわり、エジプトでの確認が目立っている点だ。エジプトからの報告件数は、2009年に39件となりインドネシアの21件を上回った。2010年も25件で、全体の半数以上を占めた。インドネシアは9件だった。

気になる死亡率だが、累積死亡率の推移を見ると、全体では60%前後で推移してきたが、2010年は5年ぶりに60%を切り、59.4%となった。これは、エジプトの死亡率が低いことが影響している。一方のインドネシアでは、80%台で推移、2010年は82.5%となった。

死亡率の低下は、高病原性鳥インフルエンザH5N1のヒトへの適応化を把握する上で、重要な指標の1つとされることから、今後も注視する必要がある。(日経メディカルオンライン2011.1.1より)
 
[管理人の感想]
新年早々から恐縮だが、WHOによると、世界全体では鳥インフル発症者数や死亡者数は減少傾向にあると言う。一方、これまでほとんど発生がなく安全地帯とされた日本や韓国で、カモ、コハクチョウ、ツル、鶏での鳥インフル(H5N1)の発生が見られることは極めて皮肉な現象だ。人には容易には感染しないと言っても、H5N1ウイルスに感染した家禽やその糞に濃厚接触すれば感染する可能性があるわけなのでやはり細心の注意が必要と思う。殺処分や埋没作業に従事する人は万全の防備が必要。そして、野鳥や養鶏場の周辺の監視を強化し、野鳥や家禽への接触を少なくして封じこめ脅威を取り去る必要があると思う。 WHOの統計資料はこちら→ http://bit.ly/evNwX8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/204-23b051b5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html