Entries

新しい抗菌剤が一つもないと言う恐ろしい現状!

キーワード:抗菌剤 抗生物質 多剤耐性菌 アシネトバクター NDM1 VRE MRSA
新規抗菌薬の候補なし。 「危機的状況」と専門家

共同通信、2010.9.11付け報道によれば、多剤耐性アシネトバクターや「NDM1」
遺伝子を持つ大腸菌など、既存の抗菌薬に耐性を示す細菌の対策に欠かせない
新規抗菌薬の開発について、国内では現在、専門誌への発見報告から発売に
向けた段階にある新規薬の候補が一つも残っていないことを、専門家が厚生労働
省の耐性菌に関する研究班で報告していたことが11日までに分かった。

抗菌薬の低い収益性が企業の開発意欲をそいでいるとみられる。報告者の藤本修平
東海大教授(生体防御学)は「耐性菌との戦いは新規薬の開発に支えられてきたが、
現在は危機的状況だ」と話す。

報告によると、新たな抗菌薬が登場してから最初に耐性菌が報告されるまでの期間
が約4年と短いことが、開発の手間の割に大きな収益に結び付かない理由。
世界的にも1980年代から2000年代にかけて、新規の抗菌薬の数は4分の1以下と
落ち込んでいるという。

新しい抗菌剤が一つもないという恐ろしい現状!これで耐性菌に勝てるか? 
抗菌剤乱用と新規開発努力を怠ったつけ!

貴方は風邪を引いたときの咽頭炎、副鼻腔炎、中耳炎がすぐ治りますか?
もし、薬が効かないようになり、手術で治さねばならないとしたらどうしますか?

最近、インドとパキスタンで美容外科手術を受けた人の中でNDM1の遺伝子を持つ
細菌を持った患者が多数発見された。NDM1に効く抗生剤はない。最強クラスの
抗生物質であるカルバペネムも効かない。現在のところ、有効な治療法はないが、
困ったことに新しい抗菌薬の開発の予定もない。NDM1保菌者から世界中に
NDM1が広がる恐れがある。

このように、抗生物質に対して強い耐性を獲得した細菌が次々と現れている。
NDM-1遺伝子を持つ大腸菌、アシネトバクター、肺炎桿菌、緑膿菌、MRSA、VRE、
サルモネラ、結核菌等々である。

これらの多剤耐性菌(スーパー耐性菌とも言う)は、毒性は弱いが、感染力は強く、
健常者は感染しても発病しないが、免疫力の弱い人は感染すると薬の効き目が
悪いために肺炎や敗血症を起こして死亡する可能性が高くなる。それでも病院では、
従来からある抗生物質を複数組み合わせて懸命に治療しているが薬の切れ味が悪く
治療に難渋しているのが実情らしい。しかも、同じ薬を長期に使うと耐性菌が出来る
のでその注意も必要となる。

そこで新しい抗菌薬が必要になるが、現状は、新しく発売予定の抗菌薬が一つもない
という空恐ろしい状態らしい。
メーカも新しい抗菌剤(毒性のない)を開発するのに膨大な研究費がかかる上に、
新しい抗菌剤を作っても4年くらいで耐性菌が出てきて効きにくくなるので開発に
躊躇するのだそうだ。

ペニシリンが日本で最初に使用されたのは1946年。それから、60数年の間に238の
抗菌剤が使用されたという。現在は150くらいが使用されている。その多くは20世紀後半
に開発されたものという。

抗菌剤は新規開発が滞っていて、今は何とか治療が出来ているが、耐性菌が
増えた場合、治療に行き詰まる局面が必ず起きてくるので、新しい抗菌剤の開発は
必須と思う。現実には厚生労働省もメーカも新薬開発の努力を長い間怠ったと
言われても仕方がない状況にある。
2006年以降承認された唯一の薬剤はドリペネム(Doripenem)のみというお寒い
現状らしい。

新たな抗生物質の開発が進んでいない現状を踏まえると、これ以上の耐性菌を
増やさないためにも、病院は感染症防止対策を進め、抗生物質の使用を大幅に
控えるなどの抜本的対策を講じないと 近い将来大変な事態が起きる可能性がある。

医師はウイルスには抗菌剤は効かないと知りながら、万一の責任回避のため、
また、患者も抗菌剤を貰っておけば安心と、みんなが寄ってたかって抗菌薬を
乱用した結果、今では世界でも耐性菌が多い国の一つとなってしまったようだ。

今後も人類と細菌(やウイルス)との戦いは続くので、新規抗菌薬の開発はメーカの
社会的責任であると思う。

新薬の開発の目処が立つまでの緊急措置として、色々な施策の実行が望まれる。
一例をあげれば、

1.病院は強力な感染防止策を即実行する。耐性菌は病院で接触感染でうつる。市中
  ではうつることはまれ。従って、医師や看護師は患者を診察・治療する前に必ず
    手洗いをする。
2.今後は安易な抗生物質の使用を厳禁する(医師は抗生剤の使用を厳選する、
  患者は抗生剤の処方を受けるときは抗生剤特別税を払う)
3.薬品メーカに抗生物質の開発を義務づける。国は開発を後押しするシステム
  を整える。
4.病院の水洗トイレの掃除、自動で水が出る装置の使用(指で栓を回さない)、
  使い捨ての紙の常備、消毒液の常備などで手を清潔にする。
  (温風乾燥機は菌が飛び散る恐れがある)
 等をまず検討してはどうだろうか。

当然のこととして、耐性菌に関する国際会議の開催も必要と思う。


         

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/123-e13b6e66

トラックバック

コメント

[C45] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html