Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/121-5eb92bf3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新型インフルの次は、「鳥インフル」になる可能性も:専門家が警告

キーワード:新型インフル パンデミック 終息 次 鳥インフルエンザ H5N1 香港
香港で開催中の国際インフルエンザシンポジウムで、インフルの世界的権威である、
Robert Webster博士(米国)は、新型の次のパンデミックは鳥インフルである可能性
があると警告した。
MEDICAL NEWS TODAY 2010.9.5付けの大要は以下の通り。

新型インフルは8月にWHOがパンデミックの終息宣言を出した。死者も世界中で
18,600人出たものの、当初恐れられたより軽く済んでしまったために、もう大丈夫だ
と安心している人がいるかも知れないが、ことはそんなに簡単ではない。

次のパンデミックが(強毒性の)鳥インフル(H5N1)になることは十分考えられる。
鳥インフルでは、水鳥から豚に感染したウイルスが、遂に人に感染するようになり、
それが世界中に広がってパンデミックになる可能性がある。
今のところはまだ人→人への伝搬の仕組みは完成していないが、それが出来
上がったときパンデミックが起きる。

鳥インフルはこれまで、世界中で300人が死亡しており、感染後の死亡率は61%である。
確かに最近は、世界の鳥インフルの感染者は減少傾向にあったが、2009年にエジプトで
感染者が増加したことに注目する必要がある。鳥インフルエンザから今後も目をそらしては
ならない。


新型インフルエンザのパンデミックが終息したから、しばらくはパンデミックが起きないと
考えるのは早計のようだ。もし博士の予言通り、強毒性の鳥インフルエンザが流行して
次々と死者が出るような事態になれば世の中はパニックになる。会社、学校はもとより
病院も機能が止まってしまうだろう。そうならないためには普段からの備えが必要だ。
また、人々は、基本動作をバカにせず、咳エチケット、マスク、手洗い等を真面目に行う
ことが生還につながると思う。
原文:MEDICAL NEWS TODAY 2010.9.5
Stay Vigilant, Bird Flu Could Spark Next Global Outbreak, Urges Expert
http://www.medicalnewstoday.com/articles/200085.php
鳥インフルへの対応:
http://www.ne.jp/asahi/web/oki/health/avian_flu.html

スポンサーサイト

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/121-5eb92bf3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが2500万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

QRコード

QR
google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。