Entries

新型インフル、早期投薬で死亡率に差 横浜の医師ら結論

キーワード:新型インフルエンザ、タミフル、抗ウイルス薬、早期投与 死亡率 菅谷憲夫医師
けいゆう病院の菅谷憲夫医師らのチームが、新型インフルによる日本の死亡率が
世界的に極めて低かったのは、48時間以内に治療を受けた患者が多かったためと
結論づけた。朝日新聞2010年9月3日付け記事を以下引用して紹介する。

新型の豚インフルエンザによる日本の死亡率が世界的に極めて低かったのは、48時間
以内に治療を受けた患者が多かったためだ。けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師らの
チームが国内で1千人の小児患者を分析してこう結論づけた。
3日から香港で開かれるインフル対策の国際会議で発表する。

昨年6月から今年1月までに国内25病院に入院した小児の1千人分(平均年齢6.4歳)
を調べた。亡くなったのは1人。症状は65%が息ができなくなるなどの呼吸器障害で、
26%が脳症やけいれんなどの神経に障害が出るものだった。9%は脱水症状。

ほぼ全員の984人が抗ウイルス薬を飲んでいた。症状が出てから抗ウイルス薬を
飲むまでの時間がわかった667人では、48時間以内に薬を飲んでいたのは89%だった。
このうち29%が12時間以内、38%が12~24時間以内と、さらに早い時期に飲んでいた。

米国では48時間以内は39~51%にとどまった。抗ウイルス薬を飲んでいた小児の
割合自体も75~79%と低かった。アルゼンチンは48時間以内が12~13%だった。

子どもから大人までの全体の死者数は米国が推計約1万2千人に対し日本は約200人
と少ない。厚生労働省によると、人口10万人あたりの死亡率は、米国3.96(推計)、
カナダ1.32、メキシコ1.05。日本0.16だった。

菅谷さんは「医療水準が変わらない米国などでは薬を飲み始めるのが発症から何日も
たってからという例が少なくない。死亡率の差は薬を飲む時期が早かったとしか考えら
れない」と話している。
         

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/111-b377bf9d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html