Entries

A型H3N2インフルエンザの集団感染が発生(新潟県)

キーワード:国立感染症研究所 A/H3N2季節性インフルエンザ 新型インフル 新潟県 集団感染
国立感染症研究所感染症情報センターのHPによれば、新潟県保健環境科学研究所と
新潟県長岡保健所の8月27日の発表として、「新潟県でAH3亜型(A/H3N2)インフルエンザ
ウイルスによる集団感染が発生している」と注意を呼びかけている。

2010年7月末~8月にかけて新潟県内においてAH3亜型インフルエンザウイルスによる
集団感染事例があり、ウイルスが分離された。状況は7月27日2名、7月28日4名に38~39℃
代の発熱が見られ、抗菌薬や解熱剤等の内服薬治療など行ったが、8月2日には有熱者28名
になった。その他数名に微熱や咽頭痛が認められた。8月2日に患者1名にインフルエンザ簡易
検査を実施したところA型陽性となった。残りの有熱者に対しても簡易検査を実施したところ、
32名中18名がA型陽性となった。患者の多くは高齢者であり、新型および季節性インフルエン
ザの予防接種も行われていた。その後、A型陽性者には、点滴やオセルタミビルにて治療が
行われ、感染予防対策がとられた。
IASR 2010.8.27付け速報はこちら

昨年は、いわゆる新型インフルA型H1N1が世界中を席捲し、他のインフルエンザの発生を
抑え込んでしまった感じがある。現在、香港では季節性インフルA型H3N2株が流行しているが、
日本でも、新型インフルは昨年ほどのパワーはないと思われ、今秋以降は、香港で流行中
のA型H3N2季節性インフルが高齢者を中心に乳幼児も含めて感染を広げる可能性が高く
なってきたと言われる。
A型H3N2はここ数年日本ではそれほど流行してはいないだけに注意が必要である。

ウイルスの特徴は、 
A型H3N2:高齢者で重症化しやすい。死亡者も他のインフルの3倍多い。
A型H1N1(新型インフル):高齢者の多くは免疫を獲得しているので感染しにくいが、若年層で
感染が多い特徴がある。

尚、厚生労働省は、2010年度末をめどに新型インフルエンザの法的な位置づけを見直し、
従来の季節性インフルエンザ並みの対策に戻す方針。
         

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ocky.blog129.fc2.com/tb.php/107-58efe741

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html