Entries

福島原発周辺の広い地域に放射性セシウム汚染、チェルノブイリ超え

キーワード:福島原発周辺の広い地域に放射性セシウム汚染、チェルノブイリ超え福島原発周辺の広い地域に放射性セシウム汚染-初の包括調査The Wall Street Journal 2011年 8月 31日付け記事より福島第1原子力発電所の事故に伴う周辺地域の土壌の放射能汚染に関する初めての包括的調査結果によると、調査した2200地点のうち旧ソ連が移住の基準とした量を超える放射性セシウムに汚染された地点が33カ所に上っていることが明らかにな...

原発周辺住民は「ヨウ素剤飲むべきだった」 識者が指摘

キーワード:原発周辺住民は「ヨウ素剤飲むべきだった」 識者が指摘朝日新聞2011.8.28付け記事より 東京電力福島第一原発の事故で周辺住民が飛散した放射性ヨウ素を空中や食品から体内に取り込むことによる甲状腺の被曝(ひばく)は、健康被害を予防する安定ヨウ素剤を飲むべきレベルだった可能性があることが、27日、埼玉県で開かれた放射線事故医療研究会で指摘された。今回、政府は原発周辺住民にヨウ素剤の服用を指示しな...

南海トラフの巨大地震、 想定見直しへ

キーワード:南海トラフの巨大地震、 想定見直しへNHKニュース8月28日付けより東南海・南海地震など、「南海トラフ」と呼ばれる海底で起きる巨大地震の想定を見直すため、国が設けた検討会が、28日、初会合を開き、地震や津波の新たな想定の考え方について、年内をめどに中間報告をまとめることになりました。都内で開かれた初会合には、地震や津波などの専門家、13人が出席しました。東海沖から四国沖にかけての「南海トラフ...

首都圏直下で、巨大なプレート境界型地震が起きやすい

キーワード:首都圏直下、プレート境界型地震起きやすく読売新聞2011年8月28日付け記事より東日本大震災後に首都圏の地下のプレート(岩板)にかかる力が変化し、複数の震源域が連動して巨大化する場合もある「プレート境界型」の地震が起きやすくなっていることが、東京大地震研究所の分析でわかった。同研究所は今後も観測を継続し、大地震が引き起こされる可能性についての評価を進める方針。首都圏の地下は、日本列島が乗る陸...

原子力損害賠償支援機構法で泣くのは国民だけ?

キーワード:原子力損害賠償支援機構法で泣くのは国民だけ?東電救済法 2011.8.3午前の参院本会議で与党や自民、公明両党などの賛成多数で「原子力損害賠償支援機構法案」、つまり、「東電救済法」が可決、成立した。マスコミもあまり詳しく報道していなかったので、国民のほとんどは蚊帳の外で、どんな内容の法律かも理解しないまま、たいした反論も出ないまま、経産官僚の筋書き通りに、どさくさの中を「東電(電力会社)を潰さ...

福島第1のセシウム放出量、広島原爆の168個分

キーワード:福島第1のセシウム放出量、広島原爆の168個分原発事故のセシウム137、広島原爆168個分読売新聞2011年8月26日付け記事より東京電力福島第一原子力発電所の事故で1~3号機から大気中に放出された放射性物質のうち、セシウム137の量は、広島に投下された原爆の約168個分だったことが分かった。経済産業省原子力安全・保安院が26日、試算値を公表した。保安院の試算は、国会の求めに応じてまとめたもの。...

原発最終処分場問題に揺れる北海道・幌延町

キーワード:原発最終処分場問題に揺れる北海道・幌延町毎日新聞2011年8月24日付け記事に下記の報道がある。◇交付金20億円、消えぬ誘惑使用済み核燃料から出る「核のゴミ」である高レベル放射性廃棄物。いまだ最終処分地は決まらないが、その貯蔵研究施設建設に80年代、全国で唯一名乗りを上げた北海道幌延町が6月、「原発マネー」を巡って揺れた。建設計画は住民や周辺自治体の反対で頓挫し、放射性物質持ち込みを禁じる協定...

東電福島原発、2008年に「津波10m」の試算をしていた

キーワード:東電福島原発、2008年に「津波10m」の試算をしていた読売新聞2011年8月24日付け記事より東京電力福島第一原子力発電所の事故で、東電が、同原発に従来の想定を超える10メートル以上の津波が到来する可能性があると2008年に試算していたことを、政府の事故調査・検証委員会(委員長=畑村洋太郎・東大名誉教授)に説明していたことが分かった。東電はこの試算結果を非常用ディーゼル発電機の位置を高くす...

巨大津波、千年に一度 三陸海岸の地層に痕跡

キーワード:巨大津波、千年に一度 三陸海岸の地層に痕跡朝日新聞2011.8.22付け記事より 津波で運ばれてきた砂の層(白い目印)を指し示す北大の平川一臣特任教授=21日午前11時30分、岩手県宮古市田老、上田潤撮影巨大津波が約千年に1回、三陸海岸を繰り返し襲っていた可能性を示す砂や石の堆積(たいせき)物を北海道大の平川一臣特任教授が見つけた。東日本大震災を受け、中央防災会議などは科学的に可能性がある...

原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ

キーワード:福島事故 原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ読売新聞2011年8月21日付け記事より政府は20日、東京電力福島第一原子力発電所事故で高濃度の放射性物質に汚染された周辺の一部地域について、長期間にわたって居住が困難になると判断し、警戒区域を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。数十年続くとの見方も出ている。菅首相が地元自治体に直接説明し、避難の長期化を陳謝する方向で検討してい...

泊原発:北海道高橋はるみ知事が営業運転再開容認を正式表明

キーワード:泊原発:北海道高橋はるみ知事が営業運転再開容認を正式表明泊原発:北海道高橋はるみ知事が営業運転再開容認を正式表明毎日新聞2011年8月17日付け記事より 北海道電力泊原発3号機=北海道泊村で2010年7月10日、本社機から小出洋平撮影定期検査で調整運転中の北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)の営業運転再開をめぐり、高橋はるみ知事は17日午後記者会見し、再開容認を正式表明した。高橋知事は16日深...

福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝 政府調査で判明

キーワード:福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝 政府調査で判明朝日新聞2011年8月17日付け記事より東京電力福島第一原子力発電所事故をめぐり、政府の原子力災害対策本部は17日、福島県の子ども約1150人を対象にした甲状腺の内部被曝(ひばく)検査で、45%で被曝が確認されていたことを明らかにした。17日、同県いわき市で開かれた説明会で発表した。すぐに医療措置が必要な値ではないと判断されているが、低い線量...

福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ(米国原子力専門家)

キーワード:福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ(米国原子力専門家)【米国の原発専門家が緊急警告(上)】福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ日刊ゲンダイ2011年8月16日 掲載記事より土壌は300年元には戻らない<がん患者は100万人単位で増えていく> 原子力発電に携わってほぼ40年になります。全米70カ所の原発で運営・管理した経験をもとにお話しします。まず日本の方に大変重要なことをお伝えし...

首都圏もチェルノブイリ並みに放射能汚染されている

キーワード:首都圏もチェルノブイリ並みに放射能汚染されている日刊ゲンダイ2011年8月9日 掲載記事より原文はこちら→ http://gendai.net/articles/view/syakai/131974衝撃 1都4県土壌150カ所調査結果福島原発の事故による放射能汚染が首都圏でもジワジワ進んでいる実態が分かった。市民団体「放射能防御プロジェクト」は8日、首都圏150カ所の「首都圏土壌調査」を公表。東京や埼玉でもチェルノブイリ並みの「汚染区域」...

泊原発3号機、北海道知事16日営業運転容認へ?

キーワード:泊原発3号機、北海道知事16日営業運転容認へ ■泊原発3号機、北海道知事16日営業運転容認へ 読売新聞8月15日付け記事より 定期検査中で調整運転している北海道電力泊原子力発電所3号機(泊村)の営業運転再開問題で、北海道の高橋はるみ知事が16日、営業運転再開の容認を表明する見通しになった。 道議会が同日午後に開く産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員会での各会派の意見を踏まえ、決断する。海江...

子どもの甲状腺から放射線検出

キーワード:東電福島原発事故 子どもの甲状腺から放射線検出NHKニュース8月13日付け放送から東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。専門家は「微量なので、健康に影響が出るとは考えにくいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」としています。この調査結果は、13日、東京で開かれた日...

原発はやめていくべき:科学の限界痛感と纐纈一起東京大教授

キーワード:原発はやめていくべき:科学の限界痛感と地震学者の纐纈一起東京大教授纐纈一起さん 原発の安全性担う国の委員を辞めた訳は?毎日新聞 2011年8月13日付け記事より <KEY PERSON INTERVIEW>地震学者の纐纈一起(こうけつかずき)・東京大教授が、東京電力福島第1原発事故を受け、原発の耐震安全性を検討する国の作業部会の主査と委員を7月末に辞任した。国の安全審査への信頼が崩れ去った今...

放射性物質の量は広島原爆20個以上、福島事故で東大教授算定

キーワード:放射性物質の量は広島原爆20個以上、福島事故で東大教授算定読売新聞2011年8月12日付け記事より東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の影響を食い止めるには、2、3年間を想定した時限立法と、信頼される新しいメンバーによる委員会の設置が必要とする提言を、東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授が12日、発表した。児玉教授は原子炉の熱量などから、放出された放射性物質の量は広...

子どもの尿にセシウム:放射能汚染問題 東大教授が緊急立法を提言

キーワード:子どもの尿にセシウム:放射能汚染問題 東大教授が緊急立法を提言日テレニュース2011年8月12日付けより先月の国会での発言が話題を呼んだ東京大学先端科学研究センター・児玉龍彦教授が12日、記者会見で、放射能から子供と妊婦を守るための緊急立法を提言した。児玉教授は先月27日、衆議院厚生労働委員会に参考人として出席し、「放射能汚染が子供や妊婦の健康に影響を与えかねない」と涙ながらに訴えた。この発...

ヨーグルトでインフル感染率が大幅低下 佐賀の病院調査

キーワード:ヨーグルトでインフル感染率が大幅低下 佐賀の病院調査毎日新聞2011.8.10付け記事よりR―1乳酸菌を含むヨーグルト飲料を飲んだ小中学生はインフルエンザの感染率が低かったとの調査結果を有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫病院長が9日、東京都内のセミナーで発表した。昨年10月~今年3月、同町内の全小中学生約1900人にR―1乳酸菌入りヨーグルトを毎日飲んでもらった。インフルエンザの感染率を調べ...

Appendix

プロフィール

okiちゃん

Author:okiちゃん
埼玉県在住・男性
趣味は、ドライブ、花の観賞、旅行、パソコン、カメラ、軽音楽を聞くことです。健康・医療問題にも関心があります。東日本大震災と福島原発事故は人生観と生活習慣を変えました。
WebSite:okiちゃんの趣味のアルバムの閲覧Page Viewが1000万を超えました。有り難うございます。
ブログタイトル一覧表はこちらを参照

ツイッター(twitter)のアドレスはhttp://twitter.com/ocky2010です。こちらもご覧ください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

「日本一周ナビちゃんの旅」

歩いて日本を一周しようとすると、何日かかるかご存知ですか? 『ナビちゃん』が歩いて日本一周に挑戦します
転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

アマゾンサーチボックス

amazon全商品の検索が出来ます

楽天商品検索へのリンク

クリックすれば楽天の検索画面 が表示されます

Yahoo!ショッピング

ヤマダ電機

K's ケーズデンキ

地震速報機

QRコード

QR

ブルーエア空気清浄機

google-site-verification: google2b8a3e94aea77f45.html